台湾新型コロナウイルス

台湾での新型コロナウイルス

マスク買った

今回は、真面目な話。


全世界で新型コロナウイルスの感染者が増え続けています。
現時点での感染者数でいうと、中国の8万人弱に次いでイタリア24000人弱、イラン14000人弱、欧米諸国、アメリカ、そして日本840人ほど。
(参照:https://www.worldometers.info/coronavirus/



私個人の予想では、実は日本はもっと感染が拡大してると思います。日本で感染が確認されるようになったのが1月の終わり、中華圏の旧暦の正月が終わった時点からです。中国では、11月ごろから感染者が出始めていたらしく、情報の不透明さもあり、1月まであまり警戒されていなかったようで、そのまま海外へ渡航していた人が沢山。
そして、中国人の渡航先№1は日本。
なので日本で感染者が出てしまう事はやむを得ないと思いますが、他の主要国がすぐに中国全域からの入国者を制限(禁止)し始めたのに反して、日本は特定地域のみの入国制限です。


この一か月で、日本では感染経路不明の感染者も見られ、感染源となった人がどの程度の人と接触したのかも予測できないような状態です。
感染源となった人は確実に大勢の人と接触していて、見つかっていないだけでそこから感染してしまった人は多いんではないかなと思います。

無症状感染者とやらが、この新型コロナ感染者を急増させてる厄介者です。


台湾も、早い段階で対策をしてきましたが、現時点(3月16日時点)で59人の感染者が出ています。


沢山の人が新型コロナの影響で、旅行の予定などをキャンセルされたり、キャンセルしたほうがいいのか悩まれていると思います。

そして、私自身台北の主要観光地に行く機会があり、そこで見かけた観光客の方々に思う部分があったので、今回は、今台湾を訪れる際に気を付けないといけない点を書こうかなと思います。


台湾旅行を中止すべきか?

ここが一番の悩みポイントですよね。
せっかく楽しみにしていたのに。

私個人の意見では、旅行は控えたほうがいいと思います。


現時点で、日本の方が感染者が多いので、もしかしたら台湾にウイルスを広める原因になってしまうかもしれません。
先日、知り合いの方が台中のホテルに宿泊中、ホテル側から日本人だからという理由でホテルから追い出されたそうです。


日本では、「NO Chinese!」のような店が観光地で見られるらしいですが、今現在日本以外の国では「No Japanese!」の状況にもなりつつあると言う部分を意識しないといけないと思います。


台湾外交部の方針によると、台湾への入国を制限されている警戒レベル3の国は、中国、香港、マカオ、韓国、イラン、ドバイ、ヨーロッパ諸国。
もし、14日以内にこの国に滞在歴のある人はすべて14日間自宅隔離しなければいけません。


日本は、警戒レベル2で、日本からの入国者は何も疑わしい症状が出ていない限り、普段通り生活できます。

ですが、できる限り公共の場に行くことを避け、外出はサージカルマスクの着用が義務付けられています。合わせて、朝晩の体温測定も行わなければいけません。

できる限り公共の場を避ける、という事は、観光地もできる限り避けないといけないと思います。



先日、士林夜市に用事があったので中を通りましたが、予想外に多くの日本人の方を見かけました。その中にもマスクを着用していない方がいたので、怖いなあ、情報が行き届いてないのかなあ、もしくは留学生の人たちなのかなあと思いながら見ていました。


そして、最近台湾での感染者の中で、大阪旅行から帰国後感染が確認された方がいるので、台湾人の中で日本はすでに警戒レベル3の国に等しいくらい危険視されているように思います。

こういう点を考えると、今台湾に旅行に来ることはあまりお勧めできないです
というか、今はどこにも旅行に行かないほうがいいと思います。


いつ日本の警戒レベルが上がるかも分からず、心配しながら旅行するよりも落ち着いてから改めて旅行したほうが楽しいですよね。

できる限り感染源になるルートを断ち切ることが最善だと思います。



経済的な打撃は、対策が遅れれば遅れるほど大きくなります。
目先の小さな損失はしょうがないです。健康であれば今後取り返しがつきます。




なので、自分の健康、他人の健康のために今はできる限り家でのんびり待機しましょう。


私も、皆さんの暇つぶしのネタになるよう、くだらないけどちょっとはにかんでしまうブログをモットーに更新頑張ります!


日本人の入国制限をしている国などの情報は、外務省のホームページから確認できますので、参照してください。

(外務省海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp/

台湾はマスク買えるの?

台湾でも1月終わり頃にはマスクがすべて売り切れ、消毒用アルコールも売り場から無くなりました。転売する人も出ました。
ですが、すぐに政府がマスクの転売に罰金を設け、転売を抑制することができました。

今では、台湾の国民保険証、外国人居留者は居留証を使って、成人は一人1週間に3枚まで、子供は一人1週間に4枚まで買えるようになりました!

今では、普段仕事などで薬局に行けない人のためにネット上で予約し、コンビニで受け取りができるようになりました。
なんて、素早いんだ台湾政府!

※短期滞在者は買えないので、気を付けてください。
※パスポートではマスクは購入不可です。

近くのマスク販売店を調べたい場合
https://mask.goodideas-studio.com/
このサイトでどこにどれくらいのマスクが残っているのか調べられます。
更新が遅れていることがあるので、参考までに使ってください。




ではここから、台湾政府の行動の素早さを時間軸に沿って解説します!

1月24日頃
台湾全国でマスクが店舗からほとんど無くなる。

2月1日
政府が台湾で製造されたマスクをすべて買い上げ、コンビニで毎日一人3枚まで買えるようになる。
医療機関、外国人との接触が多い空港などはまた別に確保。

2月6日
毎日1人3枚までだとマスクが足りなくなったので、実名制での販売に切り替える。
台湾は、国民番号という制度があり、国民全員が日本で言うマイナンバーを持っている。
その番号を使って、全国の提携薬局、保健所で、1人7日間で2枚まで買えるようになる。

このマイナンバーで確実にマスクの販売枚数を把握できるようになった。

2月24日
台湾国営のタバコ、アルコールの会社が消毒用アルコールを製造し、それを全国のコンビニで販売を開始。
(一瞬でなくなったみたいですが…まだこれからも供給し続けるそうです)タイミング次第で買えるそう。

3月5日から
成人は7日間で3枚まで、子供は5枚までマスクが買えるようになる。


政府がマスクの買い上げを決定するまでが速すぎる。
これで、マスクが買えなくなるという不安が軽減されました
数は少ないかもしれませんが、一般人は必要最低限の使用で十分なので、不安が無いだけましだと思います。


私は、日本人ですが、今こうやって普通に比較的安心して台湾で生活できているのも台湾政府の対応のおかげです。
規模の違いもありますが、日本政府の対策と比較して、真面目に台湾に移住したいなあと思ってしまいました。
でも、日本も好きだから、自分が日本をどうにかできる人間になりたいなあとも思いました。

合わせて、マイナンバーも使い方次第では緊急事態にとても活躍してくれるんじゃないのかと勉強になりました。

台湾長期滞在者のマスクの買い方

現在、台湾でマスクを変える外国人は、台湾の健康保険証か居留証を持っている人のみです。
短期滞在者は購入できません。もし台湾に来る場合は、必ず日本で先に購入してきてください。
マスクが無いと、警戒レベル2の日本からの短期入国者は原則外出を控えなければいけません。


その保険証か居留証の番号の末尾を確認して、

奇数(1,3,5,7,9)だと月、水、金、日曜日
偶数(0,2,4,6,8)だと火、木、土、日曜日

に全国の提携薬局か、各地域の衛生局で7日間に一回3枚15元で購入できます。
https://mask.goodideas-studio.com/
このサイトで、近くの販売店を調べることができます。

購入したちょうど一週間後に再度購入できます。
月曜日に買うと、来週の月曜日にまた購入できる仕組みです。

店舗によって変わりますが、こんな風に番号札がもらえます。そして、列に並んで保険証と10元で交換してもらいます。

そして、封筒かビニールに入ったマスクが貰えます。

皆さんが健康で、コロナウイルスを乗り越えられますように!

最後に、猫で癒されましょう。
私も喉の調子が悪く、自分が心配になります。
とりあえず、マスクを装着します。
では!!


あくまでも、私個人が調べた限りの情報になりますので、何かご指摘などありましたらコメント欄にお願いいたします。

もしくは、下のフェイスブックページからよろしくお願いします。